中長期的に稼ぐテーマ構成とは

アドセンスで中長期的には稼ぐには「テーマ選びが9割」と2章でお伝えさせていただきました。

一時的に爆発力のあるテーマにすると当然どこかのタイミングで落ちていきます。
流行に流されないテーマを選べば中長期的に稼げます。

 完全に後者がおススメです

というわけで第3章では中長期的に稼ぐためのテーマ構成について解説していきます

目指すはメンテナンスゼロのサイト作り

アドセンスアフィリは初報酬までのハードルは低いが、1か月1万円稼ぐまでには長い時間がかかります。ちなみに1か月1万円をクリアするには月間で約3万PVが必要です。

そのため、アドセンスをやりたがらない人が多いですが、僕はここに商機があると思いました。

広告アフィリ広告とアドセンスアフィリ

アドセンスアフィリのメリット・デメリットを確認するために広告アフィリとの比較を3項目でまとめました。

広告アフィリ アドセンスアフィリ
稼ぐまで 遅い 早い
稼げる金額 青天井 大きくなりにくい
メンテナンス 必要 不要

広告アフィリで本当に稼ぐ人は月に○億とかって人もいますが、アドセンスだと上限で聞いたことあるレベルでも1000万レベルです。

ただ、アドセンスはうまく作ればメンテナンスがほぼ0です。

実際には僕の作ったサイトもメンテナンスは限りなくゼロですから。
稼ぐ額は広告アフィリの方が圧倒的に大きいですが、安定感という意味ではアドセンスに勝機がありです。

広告アフィリは消される!?

知人にある健康食品の広告アフィリで年間数千万稼いでる人がいます。

彼のサイトはその商品の悩みに対してとてつもない情報量を詰め込んだサイトを作っていました。このサイトは狙いの商品キーワードで常に「2位~3位」でした。

このサイトはを盛り上げるために

  • ブログタレントさんを起用したり
  • お医者さんをアドバイザーに採用したり
  • ユーチューブ動画を作ったり

色々なメンテナンスをコマメにやる必要がありました。

こういったメンテナンスを毎日のようにやっていないと別サイトに追い抜かれてしまうと毎日必死でした。

稼ぐ額は小さいですが、僕は月額50万稼ぐ月でもメンテナンスはゼロだったので申し訳ない気持ちでいっぱいです。やっぱり作ってから放置できる資産構築型が僕には最適です。

年々稼げるキーワードが減っていく

僕がアドセンスサイトを始めて作ったのは2015年です。

当時は少し頑張って記事を書けばある程度ボリュームのあるサイトでも上位を獲得できました。しかし、今は難しくなってきています。

その理由は大きく分けて3つあると分析しています。

  • ウェブ広告費用が高くなった
  • サイト売買市場が出来上がった
  • 大手企業が参入してきた

スマホが普及してたくさんの広告がウェブ上に掲載できるようになりました。
そうなると自然とウェブ広告費の単価はアップしていきます。

検索上位を狙う企業は少しでもウェブ広告費を安く抑えたい!との思いから、自分の商品につながるようなキーワードで良質な記事を作っていくようになりました。

広告費は永遠にかけ続けないといけないのに対して記事は一度上位に上がるとそれほど落ちないのでウェブ広告よりもサイト作成の方が価値が高くなってきています。

その結果、 自動で収益化ができているサイトの価値が高まってきています。 

2015年段階で毎月の営業利益が5万円のサイトだったら売却金額は約12か月分くらいだったと思います。ただし、2019年では18か月分から24か月分ともいわれているほど高くなっています。

なのでこれから先は穴場キーワードを見つけて、そこに誰も追従できないレベルのコンテンツの質と量で戦う必要がありそうです。

グーグルが好む構成を考える

グーグル検索ではものすごく多くのサイトが出てきます。この全てのサイトの検索ランキングを独自のアルゴリズムで作っています。このアルゴリムに明確な基準があればよいのですが、色々な憶測があります。

  1. 被リンクが多い方が良い
  2. 記事数が多い方が良い
  3. 文字数が多い方が良い
  4. サイト運営歴が長い方が良い
  5. 内部リンクが多い方が良い

など色々ありますがどれが正解とは言えませんが、どれも正解だと思います。

なぜなら、グーグルはどのサイトにも平等に評価できるように独自の200以上の項目で上位表示するサイトを決定しているからです。

こういう厳しい評価はどのサイトも受けているわけですが、ステップ2で穴場テーマ選びができた上でおススメのテーマ構成方法があります。

僕はその構成方法を「回遊型サイト構築」と勝手に読んでいます。

回遊型サイトとは

回遊型サイト構築とは
その名の通り1ユーザーがサイトに訪れると2ページ3ページと見たくなる方法です。こうすることで自然とグーグルのアルゴリズムに沿ったサイトになりやすくなります。

構成はとしては上記の図のように3段階の記事校正に分かれます。

  1. トップ記事
  2. まとめ記事
  3. 個別記事
生物モラトリアムの場合

 このサイトは690ページしか作っていないのですが、資産構築型としては理想のサイトです。毎月30万以上は確定で入ってきていると思われます。 

おしかった2つのサイト

かえるの一覧をまとめたこちらのサイト
素敵なのですが、まとめ記事がTOP記事となっています。TOP記事が丁寧に作れれば最強になりそうですね。

インコをまとめたこちらのサイト
こちらのサイトのインコの紹介はものすごく見やすいのですが、個別記事のリンクが付いていないのがもったいないです。

1語で検索上位にあげることを考えない

最終的には1語で検索上位にあげられると最高です。
ただし、1語で5位以内に入るにはかなり良い評価を受けないとダメです

その為に大切な考え方は3語→2語→1語という順番で上げていくということです。

サバで検索上位を狙う場合

  1. 3語で狙う【サバ 種類 どこ】【サバ 保存 冷凍】【サバ 栄養 EPA】など
  2. 2語で狙う【サバ 種類】【サバ 保存】【サバ 栄養】
  3. 1語で狙う【サバ】

回遊型テーマ構成にすると自然と3語→2語→1語という順番で上がっていくようになっています。

最初の内は個別記事の評価が高まると嬉しいですが、焦らずゆっくりと上げていきましょう。

テーマの構築6つの方法

それでは見つけたキーワードで将来的にメンテナンスゼロになるサイトの構築方法を紹介してきます。

簡単にまとめると 「誰も狙わないだろうキーワードに圧倒的な質とボリュームで勝負する」 ということです。

では具体的にどうすれば圧倒的な質とボリュームで勝負していくのか、その方法を6つのステップにまとめています。

テーマ構成6つのステップ
  1. 2語目キーワードを調べる
  2. キーワードプランナーで確認する
  3. 1次マインドマップを作る
  4. 3語目をリサーチする
  5. 派生キーワードを探し
  6. 2次マインドマップ作成

まとめ

取り扱うテーマが決まったら今見ている3章の項目は外注さんにやってもらうことも可能です。

実際に僕の場合には、テーマを決めてからの作業はほとんど外注さんにやってもらっています。

このやり方はすごく手間がかかる方法ですが、将来的なメンテナンスゼロサイトを構築する上でこの作業は丁寧であればあるほど良いです。

マシュー
毎月安定的に稼ぎ続けてもらうためには初期の段階で細部にまで漏れのない構成にしていかないとダメです。