マインドマップの作り方

テーマを検索上になるような構成をする上で大切なのが「ユーザーが求める情報を網羅」することです。

1つのテーマに対してキーワードプランナーや関連ワードツールを使っていくのですが、やっていくうちに頭がパニックになりますww

パニックにならないように頭を整理するのにおススメするツールがマインドマップです。

今回はそのマインドマップの使い方について解説していきます。

マインドマップとは

マインドマップは、人間の頭脳が自然に行っている思考プロセスを反映したノート法です。

頭の中で起きていることが「見える化」されるので、考え続けることが非常にラクになります。

画像を見ると作るのははちょっと難しそう感覚がありますが、PCで作るときには簡単に作れます。

おススメするマインドマップソフト

マインドマップにはたくさんのソフトが有料・無料であります。

これでいくつかのツールを使ったことがありますが、今はXmindというソフトを使っています。

Xmindはこちら

記事の構成方法

僕はマインドマップで必ず記事校正をしてから記事見出しを作っていきます。

基本的には以下のルールで作ることが多いです。

マインドマップ作成ルール
  1. トップのボリュームを最も多くする
  2. 同類のキーワードは/で並列にする
  3. 記事を別に作るものには旗をつける

Xmindには画像を入れたりメモを入れたりする機能もあるので独自で見易さのアレンジをしていってください。

実際に作ったマインドマップ

最後に僕が実際に作ったマインドマップを公開しておきます。

数回マインドマップを作ると作業にも慣れてくるようになります。